>  > 自治医科大学医学部

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは自治医科大学医学部合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師による

自治医科大学医学部専門対策

偏差値30~40台から始めても、自治医大医学部に合格ができる理由

 

いきなりですが、模試で出る「偏差値」とは何でしょうか?
簡単に言えば、「総合力」のことです。つまり、あなたの偏差値が68.5あるとすれば、自治医大医学部に合格できる「総合力」があることを表しています。

ここで問題なのは、偏差値が68.5であることと自治医大医学部の入試問題が解けることはイコールではないということです。

ためしに、自分の偏差値より下の大学の過去問を解いてみてください。合格点を取れるものもあれば、まったく太刀打ちできない大学もあるはずです。

上記の理由から、偏差値が68.5あっても自治医大医学部に合格できないこともあれば、偏差値が届いていなくても自治医大医学部に合格できるという現状が生まれているわけです。

まとめますと、「入試本番で自治医大医学部の入試問題が解けたかどうか」
最終的にはこれで全てが決まることになります。

偏差値に届いていない場合に、私たちがやることが決まりましたよね?
入試本番までに、自治医大医学部の入試問題が解けるようにすること。これができれば、今偏差値が届いていなくても、自治医大医学部に合格することができます。

自治医科大学医学部に受かるためだけに特化した勉強法に切り替えましょう

偏差値はあくまで目安です。
事実私たちは、激戦区東京(首都圏)で20年間、数多くの逆転合格の実績を残してきました。

入試本番では、満点を取る必要はありません。
解くべき問題、解かなくていい問題を確実に見抜き、「自治医科大学医学部の専門対策」で学んだ問題だけをスラスラと解いていく。
そして、合格最低ラインを100%超えていく。

これが、私たちが実践している、模試の偏差値にとらわれない、入試本番で合格最低ラインを確実に超えるための志望校対策です。

具体的には、下記で紹介する自治医科大学医学部の入試問題の傾向に沿った対策を考えていくことになります。

自治医科大学医学部 入試問題の特徴と傾向

いかがだったでしょうか?
これらの専門的な対策を全て1人でこなすのは、困難といわざるを得ません。
その時は、私たち私大医学部専門のプロ家庭教師をご検討ください。

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは医学部合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師ができること

  • 激戦区東京で高い実績を残したプロ家庭教師が指導します。私大医学部の専門家です。
  • 合格するためのスケジュール管理・計画が渡され、あなたの弱いところ・苦手な部分をピンポイントで解決してくれ、効率よく成績を伸ばすことができます。
  • 自治医科大学医学部についての話や自分が本当に合格できるのか不安な点を常に相談でき、モチベーションを維持してくれます。
  • 自治医科大学医学部の傾向・特徴に沿った専門対策をしてくれることで、確実にあなたを自治医科大学医学部合格に近づけてくれます。

合格体験記

まずは「知らないと損する
医学部受験資料」一式を
ご請求ください。

プロ家庭教師が語る科目別勉強法 一覧

自治医科大学医学部の基本情報

学校名

自治医科大学医学部

〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1

  • JR宇都宮線「自治医大駅東口」下車、徒歩10分または東口バス停から「自治医大病院」行きバスで5分。
  • 東北新幹線を利用の場合は、「東京方面からは小山駅」、「東北方面からは宇都宮駅」で下車し、宇都宮線の普通電車に乗り換え。
試験種類

・一般入試

試験科目(一般入試)

▽第1次試験
 ▼数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B(数列・ベクトル)

 ▼理科:物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)のうち2科目選択

 ▼外国語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II

 ▼面接

▽第2次試験

 ▼小論文:90分以内
 ▼面接:集団面接 約40分・個人面接 約10~15分

配点(一般入試)

▼総点:100点

▼英語:25点

▼数学:25点

▼理科:50点(各科目の配点は25点)

日程(試験、合格発表)(一般入試)

出願期間:2019年1月4日(金)~1月23日(水) 17:00 必着

一次試験日:【学力試験】2019年1月28日(月)

      【面接試験】2019年1月29日(火)※学力試験及第者のみ

一次試験 合格発表日:2019年2月1日(金) 13:00

二次試験日:2019年2月7日(木)

二次試験 合格発表日:2019年2月15日(金) 17:00

定員(一般入試) 123名(栃木県地域枠3名を含む)
再受験生向け
  • 再受験の実情(寛容度):かなり厳しい
奨学金

入学者全員に対して、入学金・授業料などの学費を貸与する修学資金貸与制度があります。

 

・修学資金貸与制度

金額:2300万円(6年間)

 

・奨学資金貸与制度

金額:最高月額150,000円まで無利息

卒業後、進路 臨床研修医
関連病院(ジッツ) 自治医科大学附属病院 さいたま医療センター とちぎ子ども医療センター
同じレベルの学校(併願·志望校調整)

東京慈恵会医科大学(私立・偏差値70.3)
順天堂大学(私立・偏差値69.3)
大阪医科大学(私立・偏差値68.2)
日本医科大学(私立・偏差値67.5)

偏差値ランキング中での順位(難易度ランキング中での順位) 偏差値ランキング24位(68.5)
カリキュラム

第1学年

入学後まもなく専門教育への導入として医学概論と思考のプロセスが始まり、医学生に必要とされる生活態度及び医学教育修得の基礎となるスキルを身につける。また、早期体験実習として院内での患者付添い実習があり、医療の原点となる患者や医療従事者の立場に接する。総合教育必修科目では、理科系・文科系・地域医療系科目を通して医師に必要な素養を養い、総合教育選択科目では、少人数形式の学習で大学における学習法、学びの態度、人間関係の構築を体得する。1学期から自然科学と医学との接点として生命科学1、2を学習し、2学期からは解剖学、生化学等基礎医学科目が始まる。解剖学を1学年からという早い時期に学ぶのはこのカリキュラムの特徴であり、この時点で医学生としての自覚を深め今後の学習の原点とすることが期待される。

第2学年

臨床医学学習の土台となる基礎医学の諸科目を履修し、生理学、病態生化学及び薬理学を中心に人体の機能とその調節を正常あるいは病的な状態について深く理解する。細菌学、ウイルス学あるいは医動物学では、生体に外界から侵襲する生物との関わりを学習する。後半には、対人援助の知識と実践、地域医療学各論1を学習し、地域医療・家庭医療の基礎、対人援助の知識を身につけ、3学期の地域福祉実習で専門職と一緒に働きながら実践をする。また、3学期から基礎臨床系統講義が始まる。

第3学年

基礎臨床系統講義が中心的になり、主として臓器別に臨床的観点から基礎医学の学習を更に深めつつ、各臓器の疾患について症候、診断および治療を理解し身につける。また、総合診断学では症候学、臨床推論、テュートリアル等の多様な学習法で、総合的な診断能力を高めるとともに自発的に学習する習慣を身につける。臨床的事項についての系統的に整理された講義は6年間のうちでこの時期に行われ、4学年に始まる全日制臨床実習を有効に進める上での必須の事項を深く理解することが求められる。また、3学期には診断学実習が始まり、その後で共用試験(OSCEを含む)を受験する。これに合格することが臨床実習に参加する資格となる。

第4学年・第5学年

BSLでは4学年では主に内科系の19科を、5学年ではその他の14科を回る。BSLでは担当する患者でみられる多くの臨床問題や、そこから派生することがらについて、積極的に学習し考察することが求められる。病棟での学習は多くの示唆と動機づけを学生にあたえるものであり、単に担当した症例の限定された診断や治療の理解に止まることなく、病態の深い理解のために様々な症候や検査成績の異常を深く吟味する。その様な自主学習を進めることが、従来の臨床講義に代わるものとして多くの授業時間を当てて導入されたこの臨床実習を実効あるものとする上で必須である。さらに5学年の2学期には本学のユニークな総合医療に関する教育の総まとめと、卒後の地域医療実践の準備をかねて、地域臨床実習(CBL)を2週間出身都道府県の地域にて行う。また、5学年の3学期には4週間の選択必修BSL2科が行われる。これによって患者を長期にわたりより大きな責任を持って看ることが出来、より深い臨床実習を行うことが出来る。

第6学年

1学期に学生の選択により臨床系の1科で4週間、出身都道府県の拠点病院で4週間の選択必修BSLを行う。ここでは、教員の指導、監督のもとに許される範囲で学生が出来るだけ主体的に診療活動に参加する。BSLを4年1学期から6年1学期まで2年間の長期にわたり行うのは、本学の臨床教育重視のあらわれであり、このカリキュラムの特徴である。これに続いて臨床系科目の総括講義が行われる。それぞれの科目の領域全体が通観して整理され、あるいは特に需要な事項について、症例の提示や特論形式で講義が行われる。学生は6年間の医学教育課程を取りまとめ総括しつつ理解を深める。