>  > 東京慈恵会医科大学

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは東京慈恵会医科合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師による

東京慈恵会医科専門対策

偏差値30~40台から始めても、慈恵医大に合格ができる理由

いきなりですが、模試で出る「偏差値」とは何でしょうか?
簡単に言えば、「総合力」のことです。つまり、あなたの偏差値が70.3あるとすれば、東京慈恵会医科大学に合格できる「総合力」があることを表しています。

ここで問題なのは、偏差値が70.3であることと東京慈恵会医科の入試問題が解けることはイコールではないということです。

ためしに、自分の偏差値より下の大学の過去問を解いてみてください。合格点を取れるものもあれば、まったく太刀打ちできない大学もあるはずです。

上記の理由から、偏差値が70.3合っても慈恵医大に合格できないこともあれば、偏差値が届いていなくても慈恵医大に合格できるという現状が生まれているわけです。

まとめますと、「入試本番で慈恵医大の入試問題が解けたかどうか」
最終的にはこれで全てが決まることになります。

偏差値に届いていない場合に、私たちがやることが決まりましたよね?
入試本番までに、慈恵医大の入試問題が解けるようにすること。これができれば、今偏差値が届いていなくても、慈恵医大に合格することができます。

東京慈恵会医科に受かるためだけに特化した勉強法に切り替えましょう

偏差値はあくまで目安です。
事実私たちは、激戦区東京(首都圏)で20年間、数多くの逆転合格の実績を残してきました。

入試本番では、満点を取る必要はありません。
解くべき問題、解かなくていい問題を確実に見抜き、「東京慈恵会医科の専門対策」で学んだ問題だけをスラスラと解いていく。
そして、合格最低ラインを100%超えていく。

これが、私たちが実践している、模試の偏差値にとらわれない、入試本番で合格最低ラインを確実に超えるための志望校対策です。

具体的には、下記で紹介する東京慈恵会医科の入試問題の傾向に沿った対策を考えていくことになります。

東京慈恵会医科 入試問題の特徴と傾向

いかがだったでしょうか?
これらの専門的な対策を全て1人でこなすのは、困難といわざるを得ません。
その時は、私たち私大医学部専門のプロ家庭教師をご検討ください。

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは医学部合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師ができること

  • 激戦区東京で高い実績を残したプロ家庭教師が指導します。私大医学部の専門家です。
  • 合格するためのスケジュール管理・計画が渡され、あなたの弱いところ・苦手な部分をピンポイントで解決してくれ、効率よく成績を伸ばすことができます。
  • 東京慈恵会医科についての話や自分が本当に合格できるのか不安な点を常に相談でき、モチベーションを維持してくれます。
  • 東京慈恵会医科の傾向・特徴に沿った専門対策をしてくれることで、確実にあなたを東京慈恵会医科合格に近づけてくれます。

合格体験記

まずは「知らないと損する
医学部受験資料」一式を
ご請求ください。

プロ家庭教師が語る科目別勉強法 一覧

東京慈恵会医科の基本情報

学校名

東京慈恵会医科大学 医学部医学科

1年次:国領キャンパス:東京都調布市国領町8-3-1

 国領駅(京王線)徒歩10分/狛江駅(小田急線)徒歩25分

2年次以降:西新橋キャンパス:東京都港区西新橋3-25-8

 御成門駅(都営地下鉄三田線)徒歩3分・神谷町駅(東京メトロ日比谷線)徒歩7分・新橋駅(JR東日本山手線・東京メトロ銀座線・都営地下鉄浅草線)徒歩12分

試験種類

一般入試(東京都地域枠入試を含む):第1次試験+第2次試験(第1次試験合格者のみ)

試験科目(一般入試)

▽第1次試験

 ▼理科:物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)のうち2科目選択

 ▼数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B

数学Bからは「数列」・「ベクトル」を出題範囲とする。

 ▼外国語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II

▽第2次試験

 ▼面接:個人面接とMMI4課題

 ▼小論文:1200~2400字・60~120分

配点(一般入試)

▼総点:400点

▼理科:200点(各科目の配点は100点)

▼数学:100点

▼外国語:100点

日程(試験、合格発表)(一般入試)

出願期間:2019年1月5日(土) ~ 1月26日(土)※締切日消印有効

第1次試験日:2019年2月5日(火)

第1次合格発表日:2019年2月12日(火)

第2次試験日:2019年2月15日(金) ~ 2月17日(日)

合格発表日:2019年2月22日(金)

定員(一般入試) 募集人数:110名(東京都地域枠入試5名を含む)
試験結果、合格者(現浪別)(2017年度一般入試結果)

2018年度第1次試験合格最低点:得点率52.50%

入学者数:110名(うち現役合格39名<35.5%>、浪人合格58名<64.5%>)

2017年度第1次試験合格最低点:得点率44.8%

入学者数:110名(うち現役合格52名<47.0%>、浪人合格58名<53.0%>)

倍率:2018年11.2(受験者数1,845、合格者数165、入学者数110)

2017年10.8(受験者数1,788、合格者数165、入学者数110)

2016年12.6(受験者数2,073、合格者数165、入学者数112)

2015年14.1(受験者数2,183、合格者数155、入学者数112)

2014年15.3(受験者数2,368、合格者数155、入学者数111)

2013年16.5

再受験生向け
  • ・再受験の実情(寛容度):2017年、一浪の合格率は40.1%、二浪は9.1%で、三浪以上は2.7%と低下しているため、三浪以上に厳しいだろう
  • ・年齢制限があるかどうか:年齢による区別はしていないよう
奨学金

▼慈恵大学奨学生(貸与型奨学金・2年次から10名程度):学費(380万円)の全額または半額

▼本多友彦慈恵医学教育奨励基金(給付型奨学金): 10万円、在学中に1回限り

▼その他

 

▼特待生制度:

入学者対象(入学者のうち入学試験の成績上位5名):初年度の授業料の全額を免除する

2年次以上対象(2年次から、前年度の成績上位5名):当該年度の授業料の半額を免除する

卒業後、進路 臨床研修医
関連病院(ジッツ) 東京慈恵会医科大学附属病院、葛飾医療センター、東京慈恵会医科大学附属第三病院など
同じレベルの学校(併願·志望校調整)

順天堂大学(私立・偏差値69.3)

自治医科大学(私立・偏差値68.5・国家試験合格率100.0%)

日本医科大学(私立・偏差値67.5)

千葉大学(国立・偏差値71.0)

偏差値ランキング中での順位(難易度ランキング中での順位) 偏差値ランキング12位(70.3)
カリキュラム

1年目では、「総合教育」を学ぶ

2、3年目では、「基礎医学」を学ぶ。3年目から、低学年からの患者接触ができる

4~6年目では、「臨床医学」を学ぶ。臨床実習を3つに分け、相互の関係と全体の流れを明らかにする。

1~3年次は、前臨床実習の多彩な臨床現場を体験でき、4~5年次は、見学型実習の統合型集合教育ができ、5~6年次では、参加型の臨床実習のなかで「チーム医療への参画」を通じて臨床能力を養う。