>  > 日本大学医学部

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは日本大学医学部合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師による

日本大学医学部専門対策

偏差値30~40台から始めても、日大医学部に合格ができる理由

いきなりですが、模試で出る「偏差値」とは何でしょうか?
簡単に言えば、「総合力」のことです。つまり、あなたの偏差値が66.2あるとすれば、日大医学部に合格できる「総合力」があることを表しています。

ここで問題なのは、偏差値が66.2であることと日大医学部の入試問題が解けることはイコールではないということです。

ためしに、自分の偏差値より下の大学の過去問を解いてみてください。合格点を取れるものもあれば、まったく太刀打ちできない大学もあるはずです。

上記の理由から、偏差値が66.2あっても日大医学部に合格できないこともあれば、偏差値が届いていなくても日大医学部に合格できるという現状が生まれているわけです。

まとめますと、「入試本番で日大医学部の入試問題が解けたかどうか」
最終的にはこれで全てが決まることになります。

偏差値に届いていない場合に、私たちがやることが決まりましたよね?
入試本番までに、日大医学部の入試問題が解けるようにすること。これができれば、今偏差値が届いていなくても、日大医学部に合格することができます。

日本大学医学部に受かるためだけに特化した勉強法に切り替えましょう

偏差値はあくまで目安です。
事実私たちは、激戦区東京(首都圏)で20年間、数多くの逆転合格の実績を残してきました。

入試本番では、満点を取る必要はありません。
解くべき問題、解かなくていい問題を確実に見抜き、「日本大学医学部の専門対策」で学んだ問題だけをスラスラと解いていく。
そして、合格最低ラインを100%超えていく。

これが、私たちが実践している、模試の偏差値にとらわれない、入試本番で合格最低ラインを確実に超えるための志望校対策です。

具体的には、下記で紹介する日本大学医学部の入試問題の傾向に沿った対策を考えていくことになります。

日本大学医学部 入試問題の特徴と傾向

いかがだったでしょうか?
これらの専門的な対策を全て1人でこなすのは、困難といわざるを得ません。
その時は、私たち私大医学部専門のプロ家庭教師をご検討ください。

あなたの今の偏差値や学習状況がどんな状況でも、私たちは医学部合格への道のりを提示できます。

私大医学部専門プロ家庭教師ができること

  • 激戦区東京で高い実績を残したプロ家庭教師が指導します。私大医学部の専門家です。
  • 合格するためのスケジュール管理・計画が渡され、あなたの弱いところ・苦手な部分をピンポイントで解決してくれ、効率よく成績を伸ばすことができます。
  • 日本大学医学部についての話や自分が本当に合格できるのか不安な点を常に相談でき、モチベーションを維持してくれます。
  • 日本大学医学部の傾向・特徴に沿った専門対策をしてくれることで、確実にあなたを日本大学医学部合格に近づけてくれます。

合格体験記

まずは「知らないと損する
医学部受験資料」一式を
ご請求ください。

プロ家庭教師が語る科目別勉強法 一覧

日本大学医学部の基本情報

学校名

日本大学 医学部

医学部キャンパス:〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
・東武東上線 「大山駅」下車、徒歩約15分。
・「池袋駅」西口より国際興業バス4番線の日大病院行きにて終点下車(25分位)
・有楽町線「千川駅」下車、徒歩約20分。

試験種類

・一般入学試験(A方式)
・一般入学試験(N方式第1期)
 ※N方式は、学部・学科間併願だけでなく、同一学部内の複数学科への併願が可能。
・校友子女入学試験

試験科目(一般入試)

▽第1次試験
▼理科:物理(物理基礎・物理)、化学(化学基礎・化学)、生物(生物基礎・生物)のうち2科目選択
▼英語:コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語III・英語表現I・英語表現II
▼数学:数学I・数学II・数学III・数学A・数学B (確率分布と統計的な推測を除く)
 
▽第2次試験:適性検査、小論文、面接

配点(一般入試)

総点:400点
・理科:200点(各科目の配点は100点)
・英語:100点
・数学:100点

日程(試験、合格発表)(一般入試)

出願期間: 2018年1月5日(金)~2018年1月31日(水)必着
一次試験日:2018年2月8日(木)
一次試験 合格発表日:2018年2月14日(水) 午後4時
二次試験日:2018年2月16日(金)
二次試験 合格発表日:2018年2月20日(火)午後1時

定員(一般入試) ・一般入学試験(A方式)92名
・一般入学試験(N方式第1期)10名
試験結果、合格者(現浪別)(2017年度一般入試結果)

2017年度倍率31.0(受験者3781名、合格者122名)

再受験生向け
  • 再受験の実情(寛容度):寛容
奨学金

▼医学部土岐奨学金(給付型奨学金):年額20万円
▼日本大学校友会(奨学金付教育ローン)奨学金
内容:日本大学校友会の準会員を対象とした奨学金です。指定の金融機関と教育ローン契約を締結し,在学中の元金返済の据え置きを可能とし,その間の利子相当額を校友会が奨学金として給付する制度です。申請にあたっては,大学が選考の上,さらに金融機関の審査があります。
▼その他:
http://www.med.nihon-u.ac.jp/student/scholarship.html

卒業後、進路 臨床研修医
関連病院(ジッツ) 川口市立医療センター 独立行政法人地域医療機能推進機構 横浜中央病院 春日部市立医療センター など
同じレベルの学校(併願·志望校調整)

東邦大学(私立・偏差値66.2)
産業医科大学(私立・偏差値65.7)
国際医療福祉大学(私立・偏差値65.7)
福島県立医科大学(公立・偏差値65.8)

偏差値ランキング中での順位(難易度ランキング中での順位) 偏差値ランキング49位(66.2)
カリキュラム

【一般教育・基礎医学(1年次)】
一般教育と基礎医学とが融合したカリキュラムを展開し様々な角度から理解を深め,臨床医学を学ぶうえで必要な知識を貯えることができます。「自主創造の基礎1」では,学修を進める上での基礎を養い,専門家の指導をもとに場面に応じたコミュニケーションの理解を学習し,医学生として誠実な態度に基づく他者とのかかわりの重要性を学びます。また,「自主創造の基礎2」では,「自主創造の基礎1」で学修した内容をもとに実際に医療現場に趣き,医学生としての自覚を持った基本態度を形成します。

【基礎医学(1~2年次)】
人体の基本的な構造・機能を解剖学,生理学,生化学,薬理学,微生物学等,学問体系別に集約したカリキュラムを展開し,講義と実習を合わせて効率よく学びます。

【臨床医学(2~4年次)】
医学の最も実践的な分野である臨床医学をPBLテュートリアルと学系・分野の枠にとらわれない統合型講義のハイブリット形式で学びます。

【社会医学(4年次)】
医療環境や病気の予防,法律と医学の関連についての研究など患者の病態についてではなく,その周辺領域についても学びます。

【臨床実習(4~6年次)】
臨床実習は,BSL(Bed Side Learning)と呼ばれるとおり,実際の医療現場で患者の接し方や診断・治療法などを学びます。4年次は,内科や外科等の主要診療科で診療の基本に関する実習を行い,5年次では,1グループ3名程度の少人数制で1年間をかけて3病院(附属板橋病院,日大病院,市中病院)で実習を行います。6年次の選択臨床実習では,学内だけでなく学外でも実習が可能です。

【自由選択学習(6年次)】
5週間にわたり自己の知的好奇心に基づく興味や創造力をかきたて,学問の面白さを発見・再認識することができる学生本位のカリキュラムです。国内に限らず海外施設でも学ぶことができます。医師として生涯にわたり自らの知識を広げ,常に研鑚する「自主創造」の礎となるものです。