>  >  > 予備校・家庭教師・個別指導…医学部受験に最適な勉強法とは?

予備校・家庭教師・個別指導…医学部受験に最適な勉強法とは?

最適な勉強法

医学部受験を目指しているものの、思ったように成績が伸びないという悩みはありませんか?

 

医学部受験では、志望校の入試傾向を把握することはもちろんですが、苦手科目を克服し、取りこぼしなく試験をクリアできるかどうかが勝敗を分けます。

 

そのため、着実に点数がとれる勉強法で勉強できるかが大切です。

 

今回は、医学部受験を制するための最適な勉強法についてご紹介します。

 

 

戦略を立てて効率のよい学習を

近年、私大医学部の倍率は右肩上がりとなっており、さらに難化しているのが現状です。

 

成績上位者によるハイレベルな争いを勝ち抜くには、基礎知識を身につけた上で、公式や定理を本質的に理解し、使いこなすことが必要です。

 

また、苦手科目は早いうちに基礎から学習して克服し、復習を繰り返して覚えたことを定着させるなど、計画的に学習を進める必要があります。

戦略を立てて効率のよい学習を

さらに、同じレベルの難関私大医学部であっても入試問題の傾向は異なります。

 

志望校に特化した戦略を立てて効率よく勉強することが、私大医学部合格の成否を分けると言っても過言ではないでしょう。

 

次に、医学部合格に向けた勉強法を大きく3つに分け、それぞれのメリット・デメリットについてご説明します。

 

3つの勉強法における特徴

(1)予備校

予備校では一般的に集団指導が行われるため、周囲の生徒と競争しながら勉強できることがメリットです。

 

しかし、集団授業のため質問しづらく、1人ひとり習熟度がフォローされるわけではないことがデメリットと言えます。

 

家庭学習は基本的に生徒に任されているため、どの学科においても基本が理解できており、自主的に勉強できる受験生に向いています。

 

(2)個別指導

個別指導では講師と1対1、もしくは講師1人に生徒2~3人の少人数制で授業が行われるため、習熟度や生徒の希望時間に合わせて授業を受けられることがメリットです。

 

自分のペースで勉強したい、苦手科目を基礎からしっかり克服したい、と考える受験生に向いています。

 

ただし、自分だけのカリキュラムでじっくり勉強できる一方、模試などを受けないと自分の学力レベルを把握しにくいかもしれません。

 

(3)家庭教師

家庭教師も個別指導と同様、マンツーマンで指導を受けることができます。

 

特に志望大学の現役医大生に家庭教師をお願いできれば、志望校に特化した勉強方法を教えてもらうことができるでしょう。

 

ただし、現役医大生は自身も学生のため、時間の都合がつかないこともあります。

 

一般的な家庭教師であれば時間の心配はないものの、医学部専門で具体的な志望校対策ができる家庭教師となると、数が限られてくるようです。

 

プロの指導を受けるならオンラインプロ家庭教師

オンラインプロ家庭教師

ここまでご説明したように、予備校・家庭教師・個別指導はそれぞれの勉強法において、メリットとデメリットがあります。

 

また、私立大学では受験科目は少ないものの(3教科4科目と)、医学部は大学ごとに入試問題の傾向が大きく異なるため、合格を目指すには志望校の具体的な対策が欠かせません。

 

もし、私大医学部受験に特化した講師の指導を受け、戦略的かつ効率的に志望校対策を立てたい場合、オンラインプロ家庭教師がおすすめです。

 

医学部メガスタディオンラインでは、私大医学部に特化したプロ家庭教師をそろえています。

 

インターネットに接続できる環境があれば、全国どこでもプロ家庭教師の指導を受けることが可能です。

 

 

おわりに

大学受験の中でもより競争が激しい私大医学部受験においては、私大医学部受験に特化した、専門性の高い受験勉強が必要です。

 

志望校のレベルに達していない、どうしても苦手科目が克服できないという受験生の方も、ぜひオンラインプロ家庭教師をご検討ください。

 

私大医学部専門のプロ家庭教師が正しい受験勉強法を指導し、最短ルートで医学部合格を目指せる学習計画を作ります。