医学部受験【数学】数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C…効率よい勉強法とは?

 >  >  > 医学部受験【数学】数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C…効率よい勉強法とは?

医学部受験【数学】数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C…効率よい勉強法とは?
医学部受験【数学】効率よい勉強法

医学部受験【数学】効率よい勉強法

 

医学部受験において数学は相当のウエイトを占めています。

「苦手だから…」と避けては通ることはできない科目です。

このコラムを読んでいる方の中には「数学の理論は分かっているのに、得点できない」というお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、プロ家庭教師の指導をもとにした、数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・Cと多岐にわたる数学を効率よく勉強する方法をまとめました。点数アップのヒントにしてみてください。

医学部受験で出題される数学

医学部受験の数学では「処理能力を重視する」傾向があります。

難易度は標準レベルでも問題数が多いため、限られた時間内でスピーディーに解く力が求められます。

また、出題範囲は広く、「数Ⅰ・A・Ⅱ・B・Ⅲ・C」と科目数も多いため、早めに受験対策しなければなりません。

 

医学部受験で出題される数学の中で特に力を入れたいのは「数Ⅲ・数C」で、中でも数Ⅲの「微分・積分」が重要です。

多くの私大医学部では、微分・積分が頻出テーマのため、受験生の間でも点差がつきやすいところです。

また、数Cの「行列」も出題されることが多いため、押さえておきたい分野といえます。

医学部受験の数学対策

医学部受験の数学対策

 

私大医学部入試の数学で高得点を狙うためには対策が必要です。数学対策として有効な3つの勉強法をご紹介します。

 

1. 問題を繰り返し解いて慣れる

数学は考え方を理解して解く教科です。

公式や定理の暗記は必要ですが、出た問題にどの公式や定理を使えばいいのか、その仕組みを理解していれば解ける問題がほとんどです。

考え方を定着させるために繰り返し問題を解いて慣れましょう。必ず点数はアップしていきます。

 

2.計算ミスをなくす

私大医学部の数学は途中計算が多く、ミスなく解答できるかが鍵になります。

最初にお伝えした通り、医学部受験の数学は問題数が多くスピードと正確さ、つまり処理能力が試されます。

ケアレスミスをなくすために途中計算を間違えた場合は必ず復習し、同じミスを繰り返さないよう注意しましょう。

 

3.志望校の頻出テーマを押さえる

私大医学部の数学は大学ごとに難易度・出題範囲・問題料が異なり、出題傾向も違います。

過去問で志望校の頻出テーマをチェックし、確実に点数を取れるようにしましょう。

また、中には高校の指導要領範囲外から出題する医学部もあるため注意が必要です。

 

これらの対策を取ってしっかり勉強すれば、もし現時点で志望校が合格圏外の判定だったとしても、志望校への逆転合格を目指せるかもしれません。

医学部受験にはプロ家庭教師が有効!

医学部受験にはプロ家庭教師

 

出題範囲が広く分野数も多い医学部受験の数学では、1人で勉強していると壁にぶつかることがあります。

つまずいた問題や単元を理解しないまま勉強を進めても、効率的な学習とはいえません。

たった1人での受験勉強に限界を感じたら、プロの家庭教師に指導してもらうことをおすすめします。

 

プロ家庭教師は、各大学の医学部の入試における頻出問題や志望校の出題傾向など、最新の情報を把握しているため、効率良い勉強法のアドバイスができます。

不得意な分野に合わせて苦手克服のサポートや、得意分野の点数アップを狙う指導を受けることができます。

医学部受験の数学は志望校別に対策が必要なため、プロの家庭教師によるマンツーマン指導がおすすめ。

より効率的な数学の勉強法が身につきます。

おわりに

今回は、医学部受験に必須の数学の効率よい勉強法についてご紹介しました。

数学は大学によって出題傾向や頻出問題も異なるため、志望校別の対策が重要です。

医学部受験の数学を知り尽くしたプロ家庭教師による指導が、医学部合格への近道です。

「医学部メガスタディオンライン」では、私大医学部の受験対策を専門とするプロ家庭教師が、1対1の個人指導を行います。

医学部受験の数学の勉強法を身につけたい、疑問点・不明点を確実に解決したいという方には特におすすめです。

医学部専門プロ家庭教師による大学別対策

プロ家庭教師が語る科目別勉強法 一覧

数学対策 一覧

実績の高い講師ほど、早期にご紹介枠が埋まります。
プロ家庭教師の指導をご希望の方は、
今すぐお問い合わせください。